A.たまには頼ってリラックス

慢性的な疲れの原因には、心からくるものと、からだからくるものの2種類があります。

20~30代の子育て世代が感じる疲れの多くは、心の疲れが原因です。

肉体の疲れは休息や睡眠を十分に取ることで回復しますが、心の疲れの場合に有効なのは「ひとりの時間」。

できれば子どもはパートナーやシッターさんなどに預け、家事や育児、仕事などの日常から頭を切り離しましょう。

「ひとりの時間」は短時間でも構いません。

運動や買物、読書、映画鑑賞、もちろんぼーっと物思いにふけるでも何でもOK。

この時間中には、あなたが好きなことをして過ごしてください。

ただし、スマホでのSNSやニュースのチェックは避けましょう。

脳が情報過多になり、精神的に休まりません。