A.日本の30代の約8割が歯周病
口内に違和感があれば歯科医院を受診しましょう

歯を失う原因は、なんと歯周病が第1位。

虫歯と違い歯に痛みを感じにくいめ、重症化してから気付く人が多いのもその一因です。

具体的には歯肉の腫れや、歯肉と歯の間に隙間ができることで歯の土台となる骨が溶け、歯がぐらぐらするといった症状が出ます。

歯肉が赤い、歯肉がぶよぶよする、歯磨きで出血する、起床時に口の中がネバつく、口臭がある、歯ぐきが下がったように見える、冷たい物が染みるなどの症状がある人は、すぐに歯科医院を受診しましょう。

予防法は、毎日の歯磨きとデンタルフロスによるお手入れですが、自分で落としきれない汚れもあります。

半年に1度は歯科医院の健診を受けましょう。