A.ダメージの蓄積が原因!日頃から対策を!!


 日焼けによるシミは「老人性色素斑(しきそはん)」とも言われ、シミの原因として最も多いタイプです。

 直前に浴びた紫外線が原因とは限らず、長年の日焼けによるダメージが蓄積され、30代後半で突然シミとなって現れることが多いようです。

 頬骨の辺りに発生し、数mmから大きいものでは2cm以上になることも。最初は薄い茶褐色だったのが、紫外線を浴びることで濃くなってくるのが特徴です。

 予防としては、日常の紫外線のケアをしっかりすること。紫外線カット効果の高い化粧品や日焼け止めを使い、お肌を紫外線から守りましょう。

 できてしまったシミの場合、薄いものであれば美白化粧品で改善することもありますが、定着したものは美容皮膚科でのレーザー治療などが効果的とされています。