A.寝る前の習慣を見直して睡眠不足を解消!

朝の目覚めが悪い方は、一度生活習慣を見直してみましょう。

寝る前に消化の悪い食事や飲酒をしていると寝付きが悪くなり、睡眠不足になることで起床がつらくなってしまいます。

また夜間に明るい場所によく行く方は注意。

睡眠ホルモンの量が減少し、睡眠不足の原因にもつながります。

人によってはホルモンバランスの乱れによって、眠れなくなったり、眠気が強くなったりすることも。

そんな状態が長く続く場合は、一度病院で診察を受けてみることをおすすめします。

また、睡眠の質にもこだわりたいところです。

睡眠は90分単位で浅い眠りと深い眠りが交互に訪れます。

「7時間半後」など睡眠時間が90分の倍数になるように目覚ましをかければ、良い目覚めにつながります。