A.歯磨きにビタミン補給が大切

口内炎は、口の中で雑菌やウイルスが繁殖し、炎症が起きることで発症します。

口内を清潔に保つことが早く治すコツなので、痛いからといって歯磨きを怠らないようにしましょう。

また、ビタミンの摂取不足も口内炎の原因のひとつです。

特にビタミンB2やB6、ビタミンCが不足してしまうと患部の治りが遅くなってしまうことがあります。

しかし口内炎の時は痛みが原因で満足に食事がとれないことも……

そういう場合は食後にサプリメントを飲むなどして、効率よく摂取していきましょう。

口内炎は自然に治る病気ですが、口内にたくさんできてしまったり、症状が長引いたりする場合があります。

その際は、歯科や耳鼻咽喉科、口腔外科で診察を受けるようにしましょう。