A.女性でも加齢臭がすることも・・・

 自分のニオイが気になってきたという30代女性は多いようです。

 そもそも人のニオイは、汗が皮膚の上の常在菌や皮脂と結び付くことで発生します。

 30代になると常在菌の種類や皮脂の成分が変わることでニオイが強くなり、いわゆる「加齢臭」になることも。

 加えて、女性ホルモンの減少や運動不足、食習慣、エアコンの普及による汗腺の衰えなども不快なニオイに一役買っています。

 対策としては、皮脂量の多い耳の後ろや首、脇、デリケートゾーン、足に泡状のボディソープを約1分置いて流します。

 食習慣の見直しも大切です。脂っこい食事や肉類、乳製品は避け、野菜を多く取りましょう。

 服にニオイが染み付いている場合も。首周りや脇部分に酵素系漂白剤を付けて洗濯するのがおすすめです。