A.クールダウン後に「肌に優しい」スキンケアで保湿

日焼けはやけどと同じ。

まずは肌のヒリヒリ感やほてりを取りましょう。

冷たいタオルや保冷剤をタオルで巻いたものを日焼け部分に当ててクールダウンします。

ほてりが治まったら次は保湿。

日焼けした肌は乾燥しているうえ、バリア機能が失われているためダメージを受けやすい状態。

刺激の少ない敏感肌用の乳液や馬油を優しく肌になじませ保湿してください。

保湿に良いからと、日焼け後すぐにコットンで強めにパッティングをしたり、美容液成分たっぷりのシートマスクを使ったりするのは間違い。

パッティングや美容液成分は弱った肌を刺激し、炎症を起こしてしまうことも。

基本的には赤みが治まり熱が引くまで、美白などのスペシャルケアは控えたほうが良いでしょう。