A.飲食物の着色汚れが原因かも 食後に口をゆすぐだけでも効果あり

 しっかり磨いているのに何だか歯が黄色い、という方は飲食物による着色汚れが原因の可能性があります。

 緑茶・コーヒー・紅茶・ウーロン茶などを好んで飲む方は注意。どれも歯に色素が付きやすい飲み物だからです。

 また、タバコも同様、歯が汚れやすくなる原因となります。

 色素が付いてしまった歯を白くするには、ホワイトニング用歯磨き粉で歯を磨いたり、専用の消しゴムで研磨する方法がありますが、歯の表面を傷つけてしまう恐れがあるため、やりすぎには気をつけましょう。安全に歯を白くするには歯科医院で歯のクリーニングをしてもらうのが確実。

 さらに、日々のお手入れとして、食後にすぐ水で口をゆすぎましょう。これだけでも汚れの付き方が変わってきます。