A.蒸れた汗が原因、冬も「汗対策」をしましょう!

ニオイの原因は、汗をかいた肌に発生する雑菌。

夏と違って何枚も重ね着する冬は、肌表面の通気性が落ちて、汗が蒸発しづらくなります。

その汗で蒸れた状態が長時間続いてしまうと、雑菌が繁殖してイヤなニオイを作り出すのです。

また、意外にも夏よりも冬のほうが、新陳代謝は高くなります。体温を維持しようと体が新陳代謝を高め、汗が出やすくなるためです。

ニオイを抑えるためには「汗対策」をしましょう。

例えば、首元が温かいハイネックのトップスは、上着と違って脱ぎ着しにくいので、体温調節がうまくいかずに汗が多く出る原因になります。

首元はマフラーで暖め、屋内に入る際に取るようにすれば、首元の汗対策も容易にできます。