A.患部の保護が大事、治らない場合は病院へ

 裏や指にできる「魚の目」は、皮膚の角質が厚くなり、そこに硬い芯ができることで痛みが生じます。

 症状が軽いうちは、患部に保護パッドを貼り、靴による圧迫や摩擦を防いで自然に治しましょう。

 しかし、魚の目の芯が大きく、自然治癒が難しい場合は、角質を柔らかくする薬剤が付いた「魚の目用パッド」を患部に貼るのがおすすめ。皮膚が白くやわらかくなったら、ピンセットで痛みを感じない程度に患部を取り、魚の目の芯も引き抜きます。

 それでも完治しない場合は、皮膚科の病院に相談を。また、魚の目ができる原因を作らないことも重要です。

 窮屈な靴を避け、足先にゆとりがあり、甲まわりのサイズがきちんと合っている靴を履いて、魚の目の再発を防止しましょう。